簡単に確認するならデジタル式

デジタルなら結果が簡単把握なので楽

排卵検査薬は使い慣れるとなんてことないと思えても、その使い慣れるまでが意外と大変な事もあります。なぜなら、陽性反応にもいくつか濃さの段階があって、時間を守って使っていても、必ずしもくっきりと濃い陽性反応が出るとは限らないからです。

詳しく言うと、薄い陽性反応が出た場合は、その濃さを見て、自分の排卵があとどれくらい起こるか、予想しなければいけないんですね。そのため、最初は薄さ具合を上手く判断できず、正確な性交渉のタイミングを掴めないことも多々あるそうです。

しかし、排卵検査薬も決して安いものではありませんし、妊娠しやすい性交渉のタイミングは月1回しか来ませんから、単純な排卵検査薬の使用ミスで、それらを浪費するのは避けたいところです。

そこで、使い方が簡単な排卵検査薬があるそうです。
それが、デジタル式の排卵検査薬。

なんでも、先述した目で見て判断するタイプの排卵検査薬はアナログ式と言うのですが、デジタル式の排卵検査薬なら、全て機械で処理してくれるため、使用者は画面に表示されたマークが陰性か陽性かだけに注目すれば良いのだとか。

ちなみに、デジタルで人気なのは、クリアブルー排卵検査薬ですが、これなら、マークで排卵日が近いかどうか簡単に確認できるのでワンステップ排卵検査薬クリアより目視チェックは楽だそうです。

メニュー